2020年02月17日

シニアはフレキシブルに。

シニア世代の一般的な住まいの在り様を簡単にまとめてみました

60代(シニア世代にいれていいのか…)

 定年退職などで生活がごろっと変わりますね。自由になる時間が増えて

 でも、いろんなしがらみが一番多いのではないでしょうか。

 親の介護が本格的に始まって来たり、孫のお世話があったり。

 住宅も生活の多様化に対応できるフレキシブルさが必要になってきます。

 子育て世代とはまた違ったフレキシブルさです。


70代

 しがらみはまだ続きつつも、自分自身のことに時間をさけるように

 プライベートを満喫できるときでしょうか。

 住宅も自分中心にカスタマイズするチャンスかもしれません。

 やりたいことも変わっていくかも知れないからそこはフレキシブルに。


80代

 身体的なことが目に見えて変化していきますね

 でも、自分で色々やっていく(人の手はなるべく借りずに)

 住宅もラクにあれこれ身の回りのことができるのスタイルがいいかもしれません。

 若い時よりワンステップ省いてゆったりと体の変化にもフレキシブルに


 いろんな世代でもキワードは「フレキシブル」。


これからすこしずつこのブログを通して紐解いていきたいと思います

posted by ばばちゃん at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
最近の記事
最近のコメント